コース紹介

資金繰り計画は初年度だけ月ごとに作成してくれて、こんな値段、他にはないよ!ホントに感謝です。

大阪/山口

金融公庫の申請書もカンタン・楽〜に作成できるのは、かなり便利でウレシイです。

神奈川/黒田

無事に事業融資がおりたよ。スタッフさんのアドバイスもかなり効いたみたい。

福岡/山本

早い、安い、すごい!これからも僕たち素人の起業家に、ありがた〜い存在でいてください。

東京/渋谷

  


2017/7/22
無料電話相談、実施中!平日14〜17時、
お気軽にお電話ください。*土日祝休み

2014/4/1
価格表示内税から外税へ変わりました。



2012/4/25
 回答書を金融公庫の仕様に改定。


2012/4/23
 事業計画の姉妹サイト(2号店)開設。




許認可のギモン

このページは融資の際に疑問に思うこと、「許認可」の疑問についてまとめてみました。

Q:【許認可が必要な事業】は、融資申請前に取得しないと
  融資を受けられませんか?
A:はい、融資前に許認可が必要な業種もあります。
建設業、飲食業、理・美容等、監督官庁の許認可を必要とする事業はたくさんあります。
創業融資を申し込む際には、一般的には
許認可を事前に取得しておくべきであるとされています。

しかし、飲食業のように資金がなければ内装工事もできず、
飲食店の許可を受けられない場合には、許認可前に融資を実行してくれます。
資金的な手当てがなくとも許認可を先に取得することが可能な場合には、
原則どおりに許認可をとってからでないと融資は実行されません。

また許認可がおりるまで融資は実行されませんが、
許認可の申請が済んでいれば、創業融資の申し込みを受付てくれる場合もあります。
先に審査を受けて、許認可を取得したら融資を実行しますと
内定をくれることもあります。(*事案によって取扱いが異なります。)

許認可には、長い時間を要するものもありますので、
創業融資を必要とする方は、途中で資金が不足することがないように、
慎重に資金繰り計画を立てる必要があります。



日本政策金融公庫等の融資成功をサポートする『事業計画書作成サイト』